グレリンとは?

グレリンとは?

グレリン

 

グレリン

 

グレリンとは?

胃などから分泌されるホルモンの一種。

 

下垂体に働いて成長ホルモンの分泌を促進し、視床下部に働いて食欲を増進させる。
また、循環器系やエネルギー代謝にも機能する若返りホルモン!

 

 

 

今回は「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」

 

▼名医が教える老化ストップで

 

老化ストップホルモンを特集していましたね。

 

そこでグレリンを書いてみた。

 

デジタル大辞泉から出典:

 

主に胃から分泌されて、強力な成長ホルモン分泌促進作用などを有するペプチドホルモンで、国立循環器病センター研究所生化学部の寒川賢治博士らが、ラットの胃から単離・構造決定に成功した。

 

 

それまで成長ホルモンの分泌制御は、

 

主に脳の視床下部から分泌されるホルモンが担うと考えられていたが、一方でGHS受容体と呼ばれる受容体を介する機序も存在することが知られていた。

 

しかし、この受容体に結合する物質(リガンド)は
長らく特定されなくて、オーファン受容体と呼ばれて
世界中でリガンドを探す研究が行われてきた。

 

グレリンはN末端から3番目のセリン残基が
脂肪酸(n-オクタン酸)でアシル化された
特徴的な構造を持ち、この状態で初めて構造が
安定化し活性を表す。

 

 

グレリンの発見が遅れたのは、
ペプチドの精製過程で脱オクタン酸化されて
不活性型となってしまうことが多いためだった。胃からグレリンが発見されたことにより、消化管が関与する新たな成長ホルモン分泌調節系の存在が明らかになった。

 

 

その後の研究で、グレリンには成長ホルモン分泌促進作用の他、強力な摂食促進作用があり、筋肉増強、体重増加をもたらすことが分かってきた。

 

この作用は、脂肪細胞から分泌されるホルモンであるレプチンと拮抗的である。また、エネルギー代謝調節作用や、血圧降下等の循環調節作用も明らかとなってきた。

 

 

1日お腹がぐぅ〜となるとグレリンが分泌するようですね。

 

老化ストップ作戦! 

 

 

トップページ

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ